防水工事

施工から完了までの流れ

鉄筋コンクリートの建物の屋上には、古くから防水施工がされてきました。
耐久性のある素材で施工しても、年月とともに日照や降雨による劣化は避けられません。
お客様の所有する建物の劣化状況を十分に調査。最適な素材と工法を選定し、質の高い防水工事を行います。

最適な防水工事で、建物の寿命は確実に伸びます。

1、既存防水層撤去 1~2日目

既存の防水層と丁寧に撤去していきます。

2、下地調整 3日目

全面にカチオンフィーラーを塗布し、下地の段差等をなくし綺麗な下地をつくります。

3、ウレタン2層

防水層を塗り重ね、防水効果を発揮する所定の厚みをつけます。

4、TOPコート

防水層を保護するためのトップコートを塗布して完了です。
トップコートにフッ素を使用することにより防水層はより長い期間その効果を発揮します。

アパート・マンションオーナー様へ 外壁塗装・防水工事のことならツジ建装にお任せ下さい!
お問い合わせフォーム